5.26.2015

料理本が絵本代わり

1週間ぶりです。
大相撲夏場所の千秋楽。昨日は盛り上がりましたね。
妻がすっかり、相撲女子(いま、スージョって言うようです)になったので、一緒に楽しむことができました。(娘のお風呂の時間を少し遅らせてまで見入ってました。ごめんなさい。)

照ノ富士はきっと数年後は横綱だと予想しています。

最後、白鵬が勝てば優勝決定戦、負ければ照ノ富士が優勝という結びの一番。
私であれば、負けてほしいなぁと念じていたところ、やはり勝って決着をつけたいと思っていたと照ノ富士が最後のインタビューで話していたのは痺れました。(実際は白鵬が日馬富士に負けて優勝が決まりましたが。)

ああいう強い気持ちを持ちたいものです。

(自家製コーレーグース)
先週から娘と妻は児童館デビュー。
いろいろな遊びやうたを覚えて帰ってきています。

載せられないのが残念ですが、はだかんぼうの赤ちゃん達が丸になって寝転んで、それぞれの母親と遊んでいる様子は圧巻です。(かわいくて)

6月に「パパと一緒に遊ぼう!」と題した親父向けのイベントがあり、妻に背中を押されているので行ってみようと思っています。

いまからドキドキしています。知らない人の中に飛び込んで行くのは、得意そうに見えて、得意ではないのですよね。頑張ります。

娘は4ヶ月で検診があり、身長60cmちょい、体重5400gちょい、首が座りました。(誤差あると思うので「ちょい」入れました。妻、娘よ、許してください。)

日々大きくなり、毎朝の着替えと、週末のコミュニケーション楽しんでいます。

先週紹介したウォールステッカーのうち、クローゼットに貼ったキリンさんが特にお気に入りになり、キリンさんを見てはいつもニコニコ。ニコニコ。

絵が好きな娘ですが、冒頭に書いた大相撲の前に妻と料理の本を眺めていたときに、興味を示したため、3人で一緒に料理の本を読みました。

(撮影が雑。。)
ところどころ、声をあげてニコニコ。ご機嫌な様子で、大ヒット。

確かに料理の本って、大きく綺麗な写真で、見栄えがよい(カラフル)。かつ文字もあるので、子供にとっては絵本と同じような位置づけになるのかと。

また、文字を覚えるのみならず、ついでに料理も覚えることができる(気が早すぎ)。読み聞かせているこっちも料理の腕あがっちゃうかも。という期待が生まれます。

さらに、作り方(料理完成までのストーリー)が書いてあるので、話のネタにも困らないかと。

まとめると、、

・写真が大きく載っていて綺麗だよ。
・文字もあるよ。
・作り方(料理完成までのストーリー)が載っているよ。(お話しやすいかも)
・読んでいる親も勉強になるよ。(料理の腕があがるかも)
・子供と一緒に料理できるようになるよ。(願望)

※鯵の三枚おろしの方法とか載っているものより、ドーン、バーンと写真が大きく載っているとびっきりおしゃれな料理が載っている本がおすすめです。

ということで、絵本の代わりに料理本。試してみてください。

また近いうちに更新します。