6.14.2014

北方水滸伝

夫婦揃って、久々に共通してお熱になっております。

北方謙三の水滸伝。通称、北方水滸伝。

文庫小説版(集英社)の巻末にある、解説(北上次郎)には、

「・・日本の大衆小説85年の歴史は、この長編を生み出すためにあった、と言っても過言ではない」

と書いてあるほどである。

まだ、二巻までしか読んでませんが全十九巻あるのが「そんなに長いの?」と思うのではなく、「そこまで長く楽しめるの?」という気持ちにさせるくらい面白いです。


 




 

最近、小説にはまっている兄夫婦にもおすすめです。

以前から、長編小説を妻が好んで選んでいたのもあり、私もワクワクが続く長編小説は好んで読んでいて、その中でもかなり面白い部類に入ります。(逆に、つまらないなと思った小説は、途中で投げ出している中で、興味をもって読み続けているので、私のなかでは確実に心に残る作品の一つになると思っています。)

他に長編でおすすめで、読みやすいのはやはり浅田次郎(この記事の冒頭に登場した北上次郎とは、全くの別人ですよ。)でしょうか。

 


蒼穹の昴は、その後、「珍妃の井戸」、「中原の虹」、「マンチュリアン・リポート」と続くので長期間に渡り、同じ世界観の中で楽しみたい方にはおすすめです。(水滸伝の世界観はもっと広いようですが。)

浅田次郎といったら、プリズンホテルもおすすめ。(文庫版だと4巻まであります。)

 

これから、ワールドカップ、スペイン×オランダ戦がはじまります。
前回ワールドカップの決勝カード。

・・・。寝ます。明日も仕事します。
 

6.11.2014

ワールドカップ

サッカー見れてません。
前回のワールドカップから既に四年。

TVを買い換えたのも四年前。
当時は、TV台もなかったんだね。懐かしい。

「到着」

(TVの録画リストに四年前のW杯の試合が未だ残っています。)

当時の記事を読み返すと未だ働き始めて一年も経っていなくて、仕事に対する姿勢のグイグイ感と若さをすごい感じます。

同期と、スポーツバーとか今じゃ全然考えられん。

PJTでも4年ぶりに、ワールドカップの勝敗を当てようってことで、お金を「募集」して盛り上がっています。うまくいけば「うんうん万円が手元に入るという噂が。

稼ぎたい。

若さ、欲しい。というか髪の毛が欲しい(切実)
 

6.08.2014

偶然

昨日、父と母から電話が来ました。
別々に、特に示し合わしたわけでもないようです。

今日は昨日とは一転、雨が優しく降る程度だったので仕事してきました。
明日は、朝一でMTG。がんばります。

そういえば、1年ぶりに日記を書くのを再開しました。


就職してからの日記を読み返してみましたが、
かなりしんどかったようですね(笑)

継続していきます。