9.11.2010

隣人13号

お疲れ様です。
明日明後日は、完全に仕事の無い休み。

来週の三連休に始まる、連休は深夜作業があり、ゆっくりと休むというわけにはいかないので、この週末はゆっくり休みたいと思います。

ということもあり、明日は同期との飲みです。まぁ、実際やるかどうかは確定していませんが。

がっつり休むということで、今日帰りにDVDを借りて、早速一本見ました。

表面上「感性」を育てるなんつって、結局「娯楽」 なのかなと感じていますが、観たくなるのが人間。かな。

実際、映画に費やす数時間を実生活に役立つ勉強に費やせば相当「役に立つ」とは思っているのですが・・・その通り。

「感性」と「・・・」何?

「右脳」と「左脳」って感じですか。

よくわかりまへいぇん。

ということで、何作か今日借りたのですが、今観たのは「隣人13号」

「隣人13号」



今をときめく、小栗君と中村獅童の2人1役。

ちょー簡単にいうと、小学時代にめっさいじめられてた小栗君が、もう1人の人格「13号」つまり中村獅童になって、いじめっ子の代表格だったやつに関係するやつらを惨殺?していく物語。

正直な話、小学・中学っていじめってあったし、こういう映画を観るといろいろと感じる。
時間のある方は是非。

そうそうこの映画、最後まで観ていて一番びっくりしたのがあるねん。
なんと、エンディングが「平川地一丁目」やねんな。

知っている人少ないか。

新潟県佐渡市出身。

デビューする前から、兄と応援してたねんな。
全国区に行った、というかメジャーデビューしたときは地元のTUTAYAとかすごかったな。

もう音楽活動辞めてしまったのが、さみしいな。
ほんと初期の頃のこの曲が胸に染みたねんな。

と書きながら、久々に調べて、検索したらでてきた。

「かわれないので」



この頃が一番良かったな。

懐かしの万代シティでも唄っている。

「とうきょう」



なんか、染みるなー

「兄弟デュオ」

このあとホンノ少し経つと、メインで唄っている「直次郎」が声変わりするねんな。

ということを書き始めたら、きりが無いのでこの辺で。

映画の批評なんだか、平川地一丁目の話なんだかよくわからんくなってしまった。

話はまた飛びますが今の世の中、都会にでてきて感じたのですが、日本国内に目を向けると、田舎vs田舎で争っていますね。

あらそうというか、田舎に注目が集まっているということ。

(感じるのが遅い?)

感じるのが遅いのが新潟ケンミンの特性でしょうか。
もう今日はいいや、1人で飲んで、一人で酔っ払った。

もうすぐボーナスが入る。
 

9.09.2010

幸せな気分

先日、先輩から連絡があった。
結婚するとのこと。

大学入学当初から非常にお世話になり、卒業後も関係が続いている先輩。

おめでとうございます。
結婚前に、もう一回飲みに行きましょう。
 

9.05.2010

遭遇

土日休みでした。
土曜日に横浜に出掛けたのですが、その時に遭遇しました。

今、巷で大人気。

このブログでも度々紹介してきました。

そう。

そやつは、この日本国に120年前に訪れ、スキーを伝えたとされる人物。

その名は・・・。


「レルヒ少佐」


改め・・。

「レルヒさん」!!


遠いか・・

もう一枚!!

「レルヒさん」!!!



人ごみにまみれています。

もう一枚!!!!

「レルヒさん」!!!!

ちびっ子たちに、愛想を振りまくも、ご覧のとおり一見の気味の悪さから、ちびっ子激泣いていました。なまはげか。

念願のツーショットは、さすがに恥ずかしさを感じたため、断念。

それにしても、日本全国市町村はたくさんありますが、こんな都会で地元を紹介するキャンペーンに遭遇し、今大人気の「レルヒさん」に遭遇するとは、誰が想像できたでしょうか。

このレルヒさん。「妙高」の宣伝にも使われているところを考えると、新潟関係のイベントには常に顔を貸しているのかなと思います。

こんなクソ暑いにも関わらず良く頑張っているなー。

がんばれレルヒさん。(の中の人)


こっちもまた今週一週間頑張ろう。