6.25.2009

人たらし

以前働いていたバイト先の方からメールが来ました。
昇格した、という内容です。

それだけかと思いきや、~の雑誌に載ったという宣伝も頂きました。

その宣伝のために連絡くれたのかよーとも思いましたが、いやいや最後は、日曜に送別会があるから参加しないか?という御誘い。

さすがに断りました。予定が無かったら余裕で参加するんだけどね。

辞めた人にも、連絡をする。そういう人には、やはり人が集まってくるのかとも思う。技能五輪で賞をとった実力も備えている。

(面白いおつまみ。なんだか分かるかな?)

格好いいよね。

明日は、約100人の予約が入っています。木曜なのに・・・。
少しでも自分が成長できるように、毎日の目標を立てて頑張ります。
 

6.24.2009

深く深く

最近バイトの話しかしてない。
でも,今日もバイトのお話。

今日は,世の中で「先生」と呼ばれる職種で,かつ同業者で組織している組合の一番上の方が御来店。

話のスケールそして,幅が広い。海外の宗教事情から,ミトコンドリアの話まで。興味の幅が広い。

前回御来店の,そちらも「先生」と呼ばれている方よりも,人が良い。

いろいろとお話を振っていただいたのだけれども,ついていけない…

そして,横には大将。

大将は自身が分からない話題であっても,うまくごまかしながら,話に乗っかってる。

「俺も話をしないと,これはやられるか」

と思いながらも,話がでてこない。

今日は素直にあきらめて,

「へ〜そうなんですか〜」
「勉強になります」

「わかります!わかります!」

「ということは,こういうことですか?」

と相づちに徹しました。
ちなみにお咎めはなし。

よかった〜

世に「先生」と呼ばれるような方でも,作業の機械化,高精度の機械の導入,同業者の増加,お客様の態度,常識の変化,そして自身の子供の対応(進学など)などで,多大な借金,多大な心労を患っているそうです。



彼らの標準というのは分かりませんが,彼らのポジションに行けば行ったなりの苦労がある。
もっと厳しい環境の人もいるのも事実。

だけど人間はそう簡単に理解はできない。

人間が感じる苦労とか辛さというのは,それぞれの,住んでる国,自身の地位や収入,人間関係があって,その環境の中で判断して感じるものだと思う。

ある人にとっては幸せに感じることも,ある人にとっては不幸に感じることはいくらでもある。

「先生」はひどく疲れていた。
第三者はどうすればいいのだろう。

大将は言ってた。

そのために居酒屋があるんですよ。って。

そのために私たちがカウンターに立っているんですよって。

「どんなお話でも私はお聞きしますよ。」

「次は何をお飲みになりますか?」

お客様は,約四時間ほど飲んで食べて,お帰りになりました。

 

6.22.2009

旬の魚

父の日,みなさんは何かプレゼントしましたか?
少しずつ,親孝行ができていければと思います。

さて,今日は社長や社長の奥様(になる予定の方),大女将が御来店。

「Can you speak English?」

から,社長と会話がはじまる。
社長の奥様(になる予定の方)は元プロボーダーで十年間ほど,オーストリア(オーストリア?)で活動し,その後ニュージランドのある会社のマーケティングアドバイザー??なるものに就いていたそうです。凛としていましたよ。言葉はペラッベラだけど。

社長から,

「昔は物を自ら作って他国に売って豊かになったが,現代はcultureを売る時代だ。」

「国立大をでた以上,国に貢献してほしい。日本にお金を引き込んできてほしい。」

「私は地元で,地元のために頑張るから,tomさんは国のために頑張ってほしい」

等々のお言葉をたくさんいただきました。その間にたくさん自分の夢やらなんやらを語ったわけですが,

最後はがっちり握手。

社長さんは酔っ払っていましたが,今度ボクと総料理長とその下の料理長(説明が難しい)の4人で飲みに行こうと。

就職してからも,年二回は交流しようというお言葉をいただきました。

しっかりと目標を立てて頑張ろうと思ったと同時に,この地元にも熱い人がいるなと実感。

道州制の議論になった際に,我が地元は長野に任せようってお話もでているほどのお金のない所ですけれども,夢を持っている人がリーダーになっている現実も実感。

と同時に,今日はある団体(市内の民間のトップの集まり)の会議と飲み会が同時開催。そこに大将は会長?として参加していますが。

その会のメンバーが次々に社長に挨拶。

それはそれで,一般的にはブラックな部分もあるのかなって思った次第でございます。

最後,お帰りの際は大将の言葉の無い目配せによって,荷物持ちそして自宅前までの送迎のサービス。(を私を含め二名で行う。)

すげーな。

すごいよ。

びっくりしたよ。

やっばり,上流と一般的に呼ばれるであろう方達に対する対応は,サービスする側の判断ではあるけれども,丁寧なんだよね。

その丁寧さがぶっ飛んでるとは思うけど,それが社会か。

俺もガンバルぞー


そうそう,本日はあるお医者様グループも御来店したのですが,会話や身振りのどれをとっても,まず板前をバカにしてたよね。自分たちの職以外の世の中を上から見下ろしてたな。あれは。

少し説明足らずで誤解も生みそうですが,とにかく誰に対しても親切に対応することは人間として当然のことだと思います。

明日はお休みです。
何して過ごそう。

ひとまず,指先の匂いを一旦クリアーにしよう。

と思いきや,今日はあまりくさくないぞ。

上流に昇ってきた魚も,そうでなくも今,旬でとれる魚も,種類や鮮度によっては匂いも違うんだろうね。

明日は,思いっきり眠ろう。

 

6.21.2009

跳び蹴り

「あ〜って俺が言ったら全て分かるようになれ。」

「うす!!」

ってな感じで今日は始まり,途中初めて蹴りが入りましたが,無事終わりました!

今日はお客様と天地人の話で激盛り上がったね。

着実にコミュニケーションとれるようになってきた。

いけるぞ自分。

カウンターに座られた可愛い娘とは,全く話にならなかったけど。